殷墟 安陽殷墟遺跡 中国河南_中国旅行,中国観光,中国ツアーのことなら、中国旅行専門サイトの中国旅行エージェンシーをお任せください。
西安館へ 四川館へ 敦煌館へ 洛陽館へ 新疆館へ

(86)186-9180-8413 24時間日本語可
龍門石窟、少林寺などの世界遺産を有する中国六大古都の洛陽(らくよう)に関する観光については、シルクロード都市を拠点に活動する弊社に是非ご用命下さい。定型のツアーだけでなく、お客様のご要望に柔軟に対応いたします。お一人様から団体まで、今まで培った経験と実績でご満足いただける旅をお約束いたします。いただける旅をお約束いたします。
ガイド・車
洛陽ホテル
洛陽観光地
洛陽グルメ
洛陽アクセス
 特別推奨ツアー
洛陽観光地
殷墟 安陽殷墟遺跡 中国河南
 
安陽殷墟遺跡 中国河南安陽殷墟観光情報 安陽殷墟現地ツアー
 
 
 
殷墟遺跡の住所:河南省安陽市殷墟路  殷墟遺跡の電話:0372-3932171
殷墟遺跡の入場料金:90元       殷墟遺跡の開館時間:08:30-18:00
 
安陽殷墟博物館(あんよういんきょはくぶつかん)の概況:
 
 
 
殷墟(いんきょ)は古代中国で最も古いとされている夏の次、殷王朝後期の首都の遺構です。殷墟は河南省の北部、安陽市を流れる洹河の両岸にあります。殷キョは日本の縄文時代に当たる3000年前の殷王朝後期、殷の首都が営まれたと伝えられることです。この遺跡からは、多くの文字が刻まれた大量の甲骨片、青銅器、玉器などの文物が出土しており、街や宮殿、墓のあとも発掘されています。大量の甲骨片には、天文、軍事、農業、夢の内容など、実に幅広い内容が刻まれ、当時の殷王朝が占いで受け取る神託を中心とした社会であったことを伝えています。車輪を用いた車と道路の跡も発掘されています。これは世界で最も早い車の利用の証拠と言われています。また高さ約133センチ、口径約79センチ、重さ約875キロという巨大な青銅器、司母戊大鼎も発見されており、各方面で技術が高度に発達していたことを示しています。殷墟の発見により、都市、文字、青銅器という三つの要素を有するようになり、それまで文献の上だけの存在であった殷という王朝が実際にあったということが確認されました。このことから殷墟は2006年に世界遺産に登録されました。甲骨文字は、エジプトのパピルス文字、古代バビロンの楔形文字、古代インドの文字とともに世界の四大古代文字の一つとされ、人類の最古の古文書とされます。殷墟では、名高い甲骨文字や司母戊大鼎など見学し、中国の歴史の長さ、その長い歴史の凄まじさを実感してみましょう。

安陽殷墟博物館(あんよういんきょはくぶつかん)の写真:
 
 
 
 
中国洛陽観光・中国洛陽旅行なら、中国旅行エージェンシー・洛陽館にお任せください。
会社概況 - お問い合わせフォーム - ご予約の流れ - よくある質問 - 旅行条件書 - 支払案内
中国旅行エージェンシー
登録第L-SNX-CJ00005号 
中国旅行社協会正会員 国際航空運送協会
 アジア太平洋旅遊協会
TEL:18691808413 13909188587
E-Mail:isamu@otcxian.com