ラサ観光情報 拉薩観光情報_中国旅行,中国観光,中国ツアーのことなら、中国旅行専門サイトの中国旅行エージェンシーをお任せください。
西安館へ 四川館へ 敦煌館へ 洛陽館へ 新疆館へ チベット館へ

(86)186-9180-8413 24時間日本語可
世界遺産のポタラ宮、ノルブリンカ、大昭寺、セラ寺、ヤムドク湖、ナムツェ湖のラサ観光を始め、青蔵鉄道で行くチベットツアーやエベレストベースキャンプ、チョコランマ・ベースキャンプを超え、ネパール国境へのチベットツアーをサポート致します。
観光情報
青蔵鉄道ツアー
成都発
上海発
西安発
北京発
蘭州発
広州発
 特別推奨ツアー
チベット観光情報
ラサ観光情報 拉薩観光情報


 
ラサは漢字では拉薩で、中国チベット自治区の区都で、標高が3630mもあり、『世界の屋根』と言われ、人口が55万人(2017年)、青蔵高原の南、ヤルンズアンボ江の支流のラサ河中流域、自治区のほぼ中央部にあるチベット第一の都市です。
 

 
ラサの日照時間は長く、年間3000時間を超える為、『太陽の町』の別称があります。
 

 
ラサの都市の起源としては、7世紀前半のソンツェン・ガンボ王が古代チベット王国の吐蕃/トバンの首都と定めたことにあります。チベットの政治、文化の中心地として、栄えた国家歴史文化名城です。チベット、モンゴル、満州などの諸民族によるチベット仏教文化圏の中心地でもあり、仏教関係の建造物が無数に点在しています。
 

 
1965年にチベット自治区が成立し、同自治区の区都となっています。ラサ市内には世界遺産の宗教、政治の中心のポタラ宮とダライラマの離宮のノルブリンカを始め、デブンコンバ(哲蚌寺)、セラコンバ(色拉寺)、ガンデンコンバ(甘丹寺)のチベット三大寺は西、北、東郊外にあります。
 

 
ラサ市の中心部のジョカン(大昭寺)を一周するバルコル(八角街)はチベット一の繁華街です、一周すると、巡礼者が慣例に従い、右回りにこの道を五体投地に拝む姿を見掛けられます。
中国 チベット観光・チベット旅行・チベットツアーのことなら、お任せください。
会社概況 - お問い合わせフォーム - ご予約の流れ - よくある質問 - 旅行条件書 - 支払案内
中国旅行エージェンシー
登録第L-SNX-CJ00005号 
中国旅行社協会正会員 国際航空運送協会
 アジア太平洋旅遊協会
TEL:18691808413 13909188587
E-Mail:isamu@otcxian.com